体現者

「飽和(ほうわ)」

[名]スル

1 含みもつことのできる最大限度に達して、
それ以上余地のないこと。

2 ある条件のもとで、ある量が増加していき、
それ以上増加しなくなる最大限に達した状態。

3 やっていることに飽きがくること。
疲労とは区別される。心的飽和。

どの業界でも必ず出てくるキーワード「飽和」。

スニーカーシーンの中でもモデル、カラー、別注、どれもが
「飽和」と片付けられてしまうコトも多い昨今。

発端からムーブメント、そして浸透から定着へとモノゴトの
進化過程の中で必ず突き当たる壁の1つ。

確かにそこに新しいチャレンジや意味や意義を見出せないものは
そう判断されてもしょうがないと思うし、そう判断されてしまう
コトをやっている人は実はそれぞれのシーンやカルチャーに全く
関係なく、損得や電卓でしかモノゴトを感じれてないんだと思う。

勿論、机上の空論なヤツや絵空事はもっとWackだけどね。

そんなご時勢でも必ず現状打破する切欠や新しいアートフォームを
体現する人たちがそれぞれのシーンには必ず居て。

そんな新しい何かを期待してやまない体現者達。

Astro

two needles and six wires

DABONGZ

金哲彦??

追伸
スーツを纏った狼。

国井 栄之
ZOZO WALKER BLOG
mita sneakers BLOG

Shigeyuki Kunii

About Shigeyuki Kunii

mita sneakers 国井 栄之 / Shigeyuki Kunii (creative director)