CLOSE-UP #10

1982年に「new balance(ニューバランス)」初のトレッキングブーツとして「アメリカ」の登山家「LOU WHITTAKE(ルーウィッタカー)」とのパートナーシップにより開発された「H710」。彼が「北側エベレスト」の登頂に成功した時に履かれていたモデルとしても知られる名作です。

「日本」での再ローンチ時には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」と「GORE-TEX / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ゴアテックス/ニトロマイクロフォンアンダーグランド)」氏が手掛ける「Chop’n’Roll(チョップンロール)」の3周年を記念し「リアルツリーカモ」を採用したコラボレーションモデルやストリート雑誌「Samurai magazine(サムライマガジン)」の創刊7周年を記念し7色のカラーを採用した日本市場では稀なストリート雑誌とスニーカーショップのコラボレーションモデルがリリースされ、近年では「nonnative(ノンネイティブ)」がディレクションした別注モデルのリリースやインラインカラーの充実など、注目度が増しているアウトドアスタイルと様々なサブカルチャーをクロスオーバーしながらスニーカーフリークを虜にしファンを急増させています。

そんな名作から「アメリカ」生まれのスポーツショップとして”スポーツをライフスタイルに取り入れた人々”ヘ向け提案し、日本でも確かな信頼を獲得している「OSHMAN’S(オッシュマンズ)」と「東京下町」に位置する「上野」から世界へ向けて独自のスニーカースタイルを提案する「mita sneakers」との共同提案企画のコラボレーションモデルがリリース。

nb_h710_mita-r1.jpg

new balance / H710 (MOB) “mita sneakers x OSHMAN’S”

今作は「アッパー」マテリアルにブーツなどで有名な「アメリカ」の「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」を使用する事で重厚な風合いを醸し出し、オリジナルモデル同様に「サイドパネル」の「NBロゴ」を「エンボス加工」で表現。

h710-mob-r1.jpg

更に通常とは異なる太い番手の「ステッチ」を採用する事によりクラフト感を高め、「ソール」には「エイジング加工」を施す事で愛用し履き込んでいくに連れて生じる””汚れ”や”黄変”など避ける事の出来ない”経年変化”を再現し無骨なルックスに仕上げながらも、「ヒールカウンター」に「メキシカンボーダー柄」を取り入れる事で、モノトーンで纏めた「アッパー」に軽快なアクセントを与えています。

h710-mob-r6.jpg

h710-mob-r4.jpg

また、水や小石等の浸入を防ぐためアウトドアシューズに多用される「ガゼットタン」を採用した「シュータン」と「ライニング(履き口)」に「ベンチレーションホール(通気口)」を設置し効果的に湿気を逃し快適な履き心地を提供すると共に通常のブーツにありがちな”硬さ”や”重量感”と言った固定概念を感じさせず、タウンユースでもそのポテンシャルを体感する事が出来るようにデザインされています。

h710-mob-r3.jpg

更に「インソール」にはオフィシャルコラボレーションを証明する「new balance(ニューバランス)」「mita sneakers」「OSHMAN’S」の「ロゴ」が刻印。

「new balance」のフィロソフィーが詰め込まれたトレッキングブーツ「H710」の伝統と歴史を尊重しつつ、コラボレーションモデルならではのアイデアを散りばめた今作を様々なスタイリングのアクセントにピックアップして見ては如何でしょうか。

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally

Masanobu Naniwa

About Masanobu Naniwa

mita sneakers 浪花 将布 / Masanobu Naniwa (press assistant)