CLOSE-UP #18

1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「エアチェンバーシステム」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な”アッパーフィッティングテクノロジー”の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、カテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け、「NIKE/HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」、「Puma/DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、1年間の沈黙を破り1996年にアップデート施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に社会現象を起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。

2011年には”ライトウェイト”をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

rbk_pumpfury_120423-r1.jpg

Reebok / INSTA PUMP FURY (J95562) “LIMITED EDITION”

今回リリースされるのは「INSTA PUMP FURY(前期型)」の1stカラーである「CITRON(シトロン)」や「INSTA PUMP FURY(後期型)」の1stカラーである「TRICOLORE(トリコロール)」の後にリリースされ、派生モデルとして1997年に誕生した「INSTA PUMP FURY ROAD(インスタポンプフューリーロード)」の代表的なカラーをサンプリングし、2000年に香港限定として「INSTA PUMP FURY(後期型)」で採用された知る人ぞ知る名カラー。

rbk_pumpfury_120423-r2.jpg

rbk_pumpfury_120423-r3.jpg

現在でも色褪せる事の無いカラーリングは当時を知るスニーカーファンは元より、現在のスニーカーヘッズも唸らせる1足です。

rbk_pumpfury_120423-r4.jpg

rbk_pumpfury_120423-r5.jpg

「THE PUMP TECHNOLOGY」の誕生から20周年という節目を越えブランドフィロソフィを受け継ぐ「Reebok」不朽の名品。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

〒110-0005
東京都台東区上野4-7-8 アメ横センタービル2F
mita sneakers SWITCH STANCE
TEL 03-3832-8346
mita sneakers Official twitter
mita sneakers Official facebook
mita sneakers Official Sumally

Masanobu Naniwa

About Masanobu Naniwa

mita sneakers 浪花 将布 / Masanobu Naniwa (press assistant)